ゴミ屋敷清掃、特殊清掃から遺品整理、生前整理まで幅広く対応しております

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • YouTube
メニュー 閉じる

コラム

オールクリーンでは、これまで多くのお客さまにご満足いただけるサービスを提供してまいりました。総合清掃サービスの最新情報をはじめ、お役に立てていただけるコラムをご用意しましたので、ご覧ください。

コラム コラム

エアコンのフィンやフィルターの掃除方法は?ハウスクリーニングに依頼した料金相場も紹介

ハウスクリーニング

面倒なエアコンの掃除を後回しにしてはいませんか?汚れがたまったまま使い続けていると、悪臭や健康被害が発生する可能性もあるため、定期的にキレイにしておく必要があります。フィルターやフィンなどの掃除方法、ハウスクリーニングなどプロに依頼する場合のメリットや料金相場、エアコン掃除について気になるポイントについてまとめて解説します。

エアコンを掃除しないと臭いや健康被害の原因に!

エアコンを掃除しないと臭いや健康被害の原因に!

エアコン掃除をつい後回しにしてしまった場合、どのような悪影響があるのでしょうか。汚れがたまって手遅れになる前に、エアコン掃除を怠って起こりうる影響について知っておきましょう。

エアコンがなんだか臭う…原因はカビやホコリ!

久しぶりに電源を入れるとなんだか臭う…その原因は、エアコン内部で発生したカビやホコリにあります。エアコンの中の環境は、湿度・温度ともにカビが発生しやすい要因が整った箇所。エアコンからの嫌な臭いを感じたら、いち早く清潔にする必要があります。

エアコンを掃除しないと健康被害の可能性も!

掃除を怠ったエアコンを稼働させると、風とともに部屋中にカビやホコリが舞うことになってしまいます。汚い空気が漂う中での生活を続けていると、何らかの健康被害が生じることもあるかもしれません。家族の健康を守るという側面からも、エアコン掃除は必須です。

知っておこう!エアコンの内部構造

知っておこう!エアコンの内部構造

掃除する前に把握しておきたいのは、エアコンの内部構造についてです。エアコンには、自分で掃除できる箇所と難しい箇所があります。どこが掃除できる箇所なのか、理解しておくといいでしょう。

エアコンの内部構造

エアコンの内部は大きく分けると以下のものが備えられています。

  • 空気の温度を変える<フィン>
  • 風を起こす<ファン>
  • 空気中のゴミを取る<フィルター>
  • 冷房時の水分を排出する<ドレンパン>
  • 吹き出し口で風向きを変える<ルーバー>

暖かい空気を出したり涼しくしたりするフィンとファンは、熱交換器と表現されることもあります。この中でも、フィン・ファン・ドレンパンは特にカビが発生しやすい箇所です。

簡単に取り外せる箇所=自分で掃除可能!

簡単に取り外しができるカバー・フィルター・ルーバーは、自分で掃除することができる箇所です。

エアコン掃除といえば、フィルター掃除を思い浮かべる人も多いはず。フィルターはゴミがたまる場所なので、特にこまめに掃除する必要があります。フィルターと合わせて、自分で掃除できるカバーとルーバーは定期的にキレイにしておくといいかもしれません。

取り外せない箇所=自分で掃除するのは難易度が高い

フィンやファン、ドレンパンは、エアコンの内部にあり、分解しなければならなかったり取り外しができなかったりする箇所です。高所での作業が必要となるため、自分で掃除するのは難易度が高くなります。ドラッグストアなどで販売されている専用の洗浄スプレーで掃除することもできますが、カビや故障、火災といったトラブルの原因になる可能性も。内部の隅々までキレイにしようとしても、自分でできる範囲には限界があるようです。

エアコンを自分で掃除しよう!~準備編~

エアコンを自分で掃除しよう!~準備編~

内部構造を理解したら、実際にエアコン掃除を進めていきましょう。まずは、掃除の前にしておきたい下準備について解説します。掃除を始める前に必要なものは準備しておくことをおすすめします。

掃除をする前には必ず、以下の項目を済ませておきましょう。

  • 窓を開けて換気をする
  • コンセントを抜く
  • カバーの外側を拭いておく
  • エアコン下の床にビニールシートを敷く

掃除中の安全を確保するためにも、確実に電源を切り、誤って稼働しないようにしておいてください。

エアコン掃除の前に準備しておくべきものは

掃除の前に用意しておきたいのは、主に以下の通りです。

  • マスク
  • 掃除機
  • 雑巾
  • タオル
  • キッチンペーパー
  • 割りばし
  • 輪ゴム
  • 使い古しの歯ブラシ
  • 中性洗剤

掃除機はできれば上に持ち上げやすいハンディタイプがおすすめです。どれも基本的に家にあるものでできるため、思い立ったらすぐにスタートすることができるでしょう。

いざエアコン掃除!自分で掃除する際の手順は

いざエアコン掃除!自分で掃除する際の手順は

下準備ができたら、さっそく掃除に取り掛かりましょう。エアコン掃除の手順を解説していきます。取り外して掃除できる部分は、大きく分けてSTEP1からSTEP4までの工程があります。

STEP1 フィルターを外してホコリを除去

まずはマスクを装着し、フィルター掃除からスタートです。そのままフィルターを外すと周囲にホコリが舞ってしまうため、フィルターがついた状態のまま、掃除機でホコリを吸い取ります。ある程度ホコリが取れたら、フィルターを外しましょう。

STEP2 フィルターを水洗いし自然乾燥

フィルターについたホコリは掃除機だけでは落としきれないため、シャワーをかけて水洗いしましょう。

掃除機とは反対に、裏面からシャワーを当て水圧で落とすのがポイントです。水圧だけで落としきれないようなら、使い古しの歯ブラシに水で薄めた中性洗剤をつけ、優しく洗いましょう。せっかくキレイにしたフィルターを湿ったままで装着してしまうと、湿気によりカビが発生しやすくなります。タオルで水気を切ったあとに風通しの良い場所などに干し、完全に乾燥させるようにしておきましょう。

STEP3 ルーバーの掃除

続いてルーバーをキレイにしていきましょう。取り外せるようなら、シャワーで流したあと中性洗剤と水を入れたバケツにルーバーをつけ、歯ブラシで汚れを落とします。よくすすいでから水気を切り、しっかりと乾かして完了です。

取り外せないようなら、キッチンペーパーを巻いて輪ゴムで留めた割りばしを活用するのがおすすめです。キッチンペーパー部分を湿らせてから水分を取り、吹き出し口の中を掃除します。内部を傷つけることがないよう注意しつつ、見える範囲をキレイにしましょう。

STEP4 パーツを取りつけ送風運転して完了

カバーは、手が届く範囲を雑巾で拭きましょう。全てのパーツがキレイになりしっかり乾燥したら、外したルーバーとフィルターを取りつけます。コンセントを入れたら、内部をしっかり乾かすために30~1時間程度送風運転し、お掃除完了です。

番外編 室外機も忘れず掃除しておこう

忘れがちなのが外にある室外機です。室外機が汚れると、電気代が高くなったり故障したりといった原因になることもあります。

エアコンをフル稼働させる季節に入る前に、エアコンと一緒に室外機を掃除するようにしておくのがおすすめです。室外機で掃除しておきたいのは、吹き出しグリルとフィン、水抜き穴の3ヶ所です。また、室外機の周りは物を置かないようにしておくことも、エアコンの効きをよくすることにつながります。

取り外しができないエアコン内部の汚れはどうする?

取り外しができないエアコン内部の汚れはどうする?

取り外しできる箇所のエアコン掃除の流れを押さえたら、次に取り外しのできないエアコン内部の掃除方法についてです。どのように対応すれば良いのか確認していきましょう。

フィンは特にカビが発生しやすい箇所!掃除はどうする?

温度を変えるパーツであるフィンは、結露ができやすくカビが発生しやすい箇所です。フィンを自分で掃除する場合は、フィルターを外しフィンのホコリを除去したのち、市販のエアコンクリーナーを使うのが一般的。フィンにエアコンクリーナーを吹きかけ、しばらくするとドレンパンに洗剤が流れることで、フィンをキレイにしてくれます。最後にパーツを全て取りつけ、30~1時間程度送風運転すればお掃除完了です。

プロのエアコン掃除、作業内容は?

「きちんとキレイにできているか不安」、「壊してしまったらどうしよう」そんなときは、エアコンの掃除をハウスクリーニングに依頼するのがおすすめです。プロのエアコン掃除のポイントは、内部の隅々までキレイにしてくれること。事業者用の洗剤や高圧洗浄機を活用し、自分では掃除しきれない箇所まで清潔にしてくれます。

エアコン掃除をプロに依頼した場合の料金は?相場価格を調査

エアコン掃除をプロに依頼する場合、気になるのはかかる費用ですよね。エアコン掃除の相場価格は、以下のようです。(※エアコンの種類によって異なります)

  • 壁掛けタイプ1台:約7,000円~14,000円
  • お掃除機能つき1台:約18,000円~23,000円
  • 天井埋め込みタイプ1台:約20,000円~35,000円

追加料金を払えばオプションサービスとして、消臭抗菌コートや防カビコート、除菌、室外機などをお願いできることもあります。料金やサービス内容を確認して、どの業者に依頼するかを検討してください。

エアコン掃除のそのあとに!キレイな状態をキープする方法は

エアコン掃除のそのあとに!キレイな状態をキープする方法は

エアコンを掃除したあとは、できるだけ清潔な状態をキープしたいですよね。エアコンをキレイな状態でキープする方法をご紹介します。簡単にできることはぜひ実践してください。

冷房のあとは電源を切る前に送風運転

冷房のあとすぐに電源を切ると内部が濡れた状態になってしまうため、30~1時間程度送風運転をしてから電源を切るようにしてください。内部を乾燥させることができ、カビの発生を予防することができます。

こまめな換気

エアコンは部屋の中の空気を吸い込むため、部屋の臭いやホコリを減らすためにもこまめに換気をしておきましょう。エアコンの嫌な臭いの発生を防止することができます。

定期的なフィルターの掃除

フィルターが汚れていると、エアコンの効きが悪くなったり、カビが発生する原因になったりと、たくさんの悪影響が考えられます。掃除しやすいフィルターは、定期的に掃除しておきましょう。理想の頻度は2週間に1回程度です。こまめに掃除をして、エアコンのキレイを保ちましょう。

まとめ

エアコンの掃除を怠ると、嫌な臭いが発生したり健康を害したりと、様々な悪影響を及ぼす可能性があります。部屋の空気はできるだけキレイに保つためにも、定期的なエアコン掃除をして、健康を守るようにしましょう。

自分では完璧に掃除しにくいエアコン内部が気になる人は、ハウスクリーニングに依頼して徹底的にキレイにしてもらってはいかがでしょうか。

オールクリーンの ハウスクリーニング ハウスクリーニング

お掃除のプロが、快適な毎日の生活を守ります。 多忙なお客さまを中心にハウスクリーニングも承っています。ご自身では取りにくい汚れも掃除のプロが解決します。
引っ越しの際の原状回復から、臭いやカビ・ホコリが気になるエアコンクリーニングやキッチンのレンジフードクリーニング、浴室クリーニングなど、なかなか落としづらいお家の中のあらゆる汚れを除去して、衛生的で快適な生活をお送りいただけます。

Contactお問い合わせ

ゴミ屋敷清掃、遺品整理、生前整理、
ハウスクリーニングの事なら、
オールクリーンにご相談ください。

対応エリア

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県