ゴミ屋敷清掃、特殊清掃から遺品整理、生前整理まで幅広く対応しております

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • YouTube
メニュー 閉じる

コラム

オールクリーンでは、これまで多くのお客さまにご満足いただけるサービスを提供してまいりました。総合清掃サービスの最新情報をはじめ、お役に立てていただけるコラムをご用意しましたので、ご覧ください。

コラム コラム

部屋の湿気対策は梅雨前に!今からできる3つの方法とは

ハウスクリーニング

共有

この記事では、梅雨前にできる部屋の湿気対策について解説していきます。じめじめとした湿気は生活の不快感を高めるだけでなく、カビやダニなどの発生を誘発するため、事前の対策が肝心です。本格的な梅雨になる前に、湿気対策の方法や知識を深めていきましょう。

日常生活の適正な湿度はどのくらい?数値を超えたときの影響とは

日常生活の適正な湿度はどのくらい?数値を超えたときの影響とは

人が快適に感じる適正湿度は40%~60%といわれています。また、厚生労働省が定める「建築物環境衛生管理基準」によると、多くの人が集まる建物などは湿度を40%~70%に保つ努力義務があるといいます。では、こうした適正数値を超えるとどのような影響があるのでしょうか。まずは、数値を超えたときの影響について見ていきましょう。

湿度65%を超えるとダニやカビが発生しやすくなる!

湿度が65%を超えたときに発生しやすいのが、ダニやカビです。なかでも、カビが生える速度は、湿度によって次のような変化が現れます。

  • 65~75%:数ヶ月でカビが生えてくる
  • 75%以上:カビが生えるスピードがUPする
  • 90%以上:数日で目に見えるカビが生えてくる

湿度が上がるにつれて増殖したダニやカビは、気管支系やアレルギーなどの疾患を引き起こしやすいため注意が必要です。

湿度80%を超えると菌や虫が大発生しやすくなる!

湿度が80%を超えると、菌だけでなくゴキブリなどの害虫も発生しやすくなります。増殖した菌は、ゴキブリを媒体として家中に広がる恐れもあるため注意が必要でしょう。また、チャタテムシと呼ばれる小さな虫はカビのエサにもなるため、結果としてカビの増殖にもつながってきます。

梅雨時期の湿度はどのくらいまで上がるの?

梅雨時期の湿度はどのくらいまで上がるの?

梅雨に入るといつも以上に湿度が高いと感じやすくなりますが、実際にはどのくらいまで上がっているのでしょうか。気象庁のデータによると、東京都の梅雨時期(6月)の平均湿度は75%で、4月の62%と比べると10%以上も高くなっています。同様に各地の梅雨時期の平均湿度をランダムに見ていくと、大阪68%、青森78%、熊本75%ということが分かりました。この結果から、梅雨の時期には多くの地域で70%~80%近くまで湿度が上がることが分かるでしょう。

梅雨前の準備でカビを防ぐ!3つの湿気対策

梅雨前の準備でカビを防ぐ!3つの湿気対策

ここからは、効果的な3つの湿気対策をご紹介していきます。湿気を好むカビの発生を防ぐためには、事前に対策しておくことが大切です。本格的な梅雨に入る前に、有効な湿気対策を確認しておきましょう。

梅雨前の湿気対策その1:外に面した壁には家具をくっつけない

すぐに取りかかりやすい湿気対策が、家具の移動です。外に面した壁に隙間なく家具を置いている場合は、壁から少し離して家具を置くとカビの発生が抑えられます。外に面した壁は、外気と室内の温度差によって湿気が溜まりやすく、カビの温床となりがちです。梅雨に入る前に壁から離しておくことで、カビの発生を防ぎましょう。

梅雨前の湿気対策その2:窓の結露対策を行う

梅雨になると起こりやすい窓の結露も、事前の対策で軽減できる現象です。結露を放置しておくと窓枠や壁紙、カーテンなどにカビが発生しやすくなるため注意しておきましょう。とくに、黒いブツブツの斑点がある場合は、黒カビである可能性が高いです。黒カビは喘息やアレルギーの原因にもなりやすいため、増やさないことが大切です。次のような対策が有効でしょう。

  • 結露防止シートを貼る
  • 結露防止スプレーを吹きかける
  • 結露吸水(吸着)テープを窓ガラス下部に貼り付ける
  • 食器用洗剤で窓ガラスを拭きあげる
  • 除湿器を使う
  • 窓ガラスを真空ガラスや二重サッシにする

結露を防止するシートやスプレー、テープなどは、ホームセンターで購入でき、気軽に行える対策です。また、薄めた食器用洗剤でガラスを拭き上げる方法も手軽ですが、効果の持続性はやや短いでしょう。しっかりと対策をしたい人は、結露の発生を抑制する窓ガラスへの交換が効果的です。手軽な方法と比べると費用がかかりますが、持続性が高い点は魅力でしょう。

梅雨前の湿気対策その3:クローゼットなどの密閉空間に除湿剤を置く

クローゼットやシンク下、シューズボックスなどの密閉空間であれば、除湿剤が効果を発揮します。さまざまな除湿剤が発売されていますが、家庭で使いやすいのは容器に液体が溜まっていくタンクタイプです。また、除湿剤は素材による違いもあります。生石灰やシリカゲルといった素材が使われているなかでも、塩化カルシウムを使った除湿剤は水分を多く含むため押し入れやクローゼットなどの広い場所に適しています。

除湿剤を設置するときは、なるべく低い場所に置くことも大切です。上よりも下に、真ん中よりも四隅に溜まりやすい湿気の傾向に合わせた場所に設置しましょう。できるだけ空気の流れを確保しておくことも効果的です。このほか、大きな容器に重曹を入れて除湿剤を手作りすることも可能です。口の広い容器に重曹を入れ、ガーゼなど空気を通しやすいものでフタをし、輪ゴムなどで止めると簡単に除湿剤が作れます。

梅雨時期の湿気の防ぎ方!手軽にできる3つの除湿方法

梅雨時期の湿気の防ぎ方!手軽にできる3つの除湿方法

事前に湿気対策を行い、本格的な梅雨時期には定期的な除湿を心がけていくと、湿気のトラブルをより防げます。ここでは、手軽に行える3つの除湿方法を確認していきましょう。

梅雨時期の湿気対策その1:室内の換気を行う

室内の湿気を逃がすためには、換気が効果的です。雨の日であっても、室内に入ってこない程度の降水量であれば、こまめに換気をしましょう。窓が複数ある家の場合は、対角線の方向で2つ以上の窓を開けると、室内と外の空気がスムーズに入れ替わります。

換気の回数は1時間に1回5~10分程度が目安で、2時間ごとに10分とまとめて換気をするよりも、1時間ごとに5分の換気を2回行ったほうが効果的です。また、室内で多くの人が集まるときには、呼吸や発汗によって水蒸気の量が増えて湿度が上がりやすくなります。こうしたときにもこまめな換気を行い、除湿していきましょう。

梅雨時期の湿気対策その2:除湿器やエアコンのドライ機能を使う

雨足が強い日などは除湿器やエアコンを上手に活用すると、効果的な湿気対策が行えます。空気中の湿度を下げるドライ機能を積極的に使っていきましょう。ただし、肌寒さを感じる日には、ドライ機能によって余計に部屋が冷えてしまうことがあります。その場合は、使っているエアコンなどの除湿機器に「再熱除湿」がないか確認してみましょう。再熱除湿は、1度エアコン内に取り込んで冷やして除湿した空気を温めて、再び室内に戻す機能です。

同機能を使えば、室温を下げることなく除湿が行えます。通常の「弱冷房除湿」よりは少々電気代がかかりますが、室内環境を保つ上では有効に働くでしょう。

梅雨時期の湿気対策その3:新聞紙や段ボールなどを使って除湿する

新聞紙や段ボールなどの紙類は湿気を吸収する性質があり、除湿にも役立ちます。とくに新聞紙は表面に細かな凹凸があり、面積も広いため湿気も吸収しやすい素材です。1度クシャクシャにするとより湿気を吸い取ってくれるでしょう。紙類は設置方法も簡単で、台所のシンク下や押し入れ、家具の後ろなどの湿気が気になる場所に広げておくだけです。湿気を吸い取った新聞紙や段ボールは、定期的に取り替えることが効果を長持ちさせるコツです。

また新聞紙は、梅雨の時期に湿気が溜まりがちな布団の除湿にも使えます。布団をしまう押し入れにすのこを引いている人は、すのこの下にさらに新聞紙を敷くことで効果的な除湿を行っていきましょう。

それでも生えてしまったカビはハウスクリーニングで除去!

それでも生えてしまったカビはハウスクリーニングで除去!

ここまでに紹介した事前の湿気対策を万全にして梅雨を過ごしたとしても、その年の雨量や気候によってはカビの発生をゼロに抑えることは難しいかもしれません。カビは1度発生してしまうと目には見えなかったとしてもその場に菌が残っているため、定期的に除去して、再発生を防ぐことが大切です。もちろん自分でも行える作業ではありますが、プロのハウスクリーニングを依頼すれば、豊富な知識と道具で除去と同時に防カビ加工を行ってもらえることもあるでしょう。

また本格的な梅雨になる前にプロに依頼して、前年の汚れ落としと防カビ加工をしてもらうと、湿気によるトラブルが軽減しやすくなります。上手にプロの力を取り入れて、快適な暮らしを守っていきましょう。

まとめ

人が快適に過ごせる湿度は40%~60%ですが、梅雨の時期には70%を超える湿度になる地域も少なくありません。そのため、カビの発生を防ぎ、快適な生活を送っていくには事前の湿気対策が欠かせないでしょう。プロが行うハウスクリーニングも上手に取り入れながら、自分のライフスタイルに合った湿気対策を行ってみてくださいね。

ハウスクリーニングのコラム

  • ハウスクリーニング

    フローリングやクッションフロアの黒ずみをキレイにしたい!掃除方法を解説

    共有

    共有きちんと掃除をしていても、長く使っていると、どうしても黒ずみが気になるフローリングやクッションフ…

  • ハウスクリーニング

    キッチンやトイレ、お風呂の換気扇掃除はできている?手順とハウスクリーニング依頼の相場価格は

    共有

    共有キッチンやトイレ、お風呂にある換気扇の掃除を怠ると、衛生的によくありません。特にホコリに加えて油…

  • ハウスクリーニング

    エアコンのフィンやフィルターの掃除方法は?ハウスクリーニングに依頼した料金相場も紹介

    共有

    共有面倒なエアコンの掃除を後回しにしてはいませんか?汚れがたまったまま使い続けていると、悪臭や健康被…

オールクリーンの ハウスクリーニング ハウスクリーニング

お掃除のプロが、快適な毎日の生活を守ります。 多忙なお客さまを中心にハウスクリーニングも承っています。ご自身では取りにくい汚れも掃除のプロが解決します。
引っ越しの際の原状回復から、臭いやカビ・ホコリが気になるエアコンクリーニングやキッチンのレンジフードクリーニング、浴室クリーニングなど、なかなか落としづらいお家の中のあらゆる汚れを除去して、衛生的で快適な生活をお送りいただけます。

Contactお問い合わせ

ゴミ屋敷清掃、遺品整理、生前整理、
ハウスクリーニングの事なら、
オールクリーンにご相談ください。

対応エリア

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県