ゴミ屋敷清掃、特殊清掃から遺品整理、生前整理まで幅広く対応しております

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • YouTube
メニュー 閉じる

コラム

オールクリーンでは、これまで多くのお客さまにご満足いただけるサービスを提供してまいりました。総合清掃サービスの最新情報をはじめ、お役に立てていただけるコラムをご用意しましたので、ご覧ください。

コラム コラム

キッチンやトイレ、お風呂の換気扇掃除はできている?手順とハウスクリーニング依頼の相場価格は

ハウスクリーニング

キッチンやトイレ、お風呂にある換気扇の掃除を怠ると、衛生的によくありません。特にホコリに加えて油でも汚れるキッチンの換気扇は、より定期的な掃除が必要です。この記事では、タイプ別換気扇掃除の手順と、ハウスクリーニングに依頼した場合の相場価格をご紹介します。

換気扇を掃除しないとどうなるの?換気扇が汚れる理由も押さえよう

換気扇を掃除しないとどうなるの?換気扇が汚れる理由も押さえよう

いつの間にか汚れている、キッチンやトイレ、お風呂の換気扇。使う頻度が多い分、汚れもたまりやすくなります。まずは、換気扇の汚れる原因について把握していきましょう。

換気扇の汚れはホコリや油汚れが原因!

換気扇の汚れは、主に部屋の中のホコリが原因です。またキッチンの場合は、ホコリに加えて、油汚れもあります。油分を含んだ蒸気が料理中に発生し、そこに空気中にあるホコリがつくことで換気扇がベタベタになってしまうのです。

家族の誰かがキッチンの換気扇の下でたばこを吸う場合、ホコリや油に加えタール汚れも含まれるでしょう。放置していると汚れが蓄積して、頑固な汚れとなります。

換気扇の掃除が必須の理由とは

換気扇のファンに汚れがたまると、換気能力が低下し、部屋に臭いがこもる原因となります。さらに放置すると、換気扇自体から嫌な臭いが発生することもあるでしょう。またキッチンの場合は、油汚れがどんどん落としにくくなってしまったり、壁やコンロに油がつきやすくなってしまったりすることもあります。汚れたままの換気扇は、百害あって一利なしです。

換気扇には大きく分けて2種類ある!

換気扇には、プロペラファンタイプとシロッコファンタイプの2種類があり、掃除方法はそれぞれ異なります。プロペラファンタイプは、羽が回転する昔ながらの換気扇です。最近増えているのはシロッコファンタイプで、キッチンのレンジフードやお風呂の天井などに設置されていることが多く、中に円形状のファンが取りつけられています。

【キッチン・お風呂・トイレ】換気扇掃除の手順 <シロッコファンタイプ>

【キッチン・お風呂・トイレ】換気扇掃除の手順 <シロッコファンタイプ>

換気扇掃除というと構えてしまう人も少なくありませんが、掃除箇所は以下の3つだけで特に複雑な構造にはなっていません。

  • フィルター
  • ファン
  • カバー

まずは、最近使われていることが多い、換気扇のシロッコファンタイプからです。必要な準備物と掃除の手順を見ていきましょう。カバーが外せるタイプとカバーが外せないタイプに分けて紹介しています。

用意しておくものと下準備

用意しておく道具は、主に以下の通りです。

  • アルカリ性洗剤
  • 新聞紙
  • 大きなゴミ袋
  • 雑巾
  • 使い古しの歯ブラシ
  • スポンジ
  • ドライバー
  • ゴム手袋
  • マスク

換気扇の汚れは、酸性の性質があるため、アルカリ性の洗剤で中和して落とします。アルカリ性の重層やセスキ炭酸ソーダなどのエコ洗剤を使うのもいいでしょう。そのまま使うと手荒れの原因になるので、ゴム手袋は必須です。

そして、掃除の前には以下の下準備をしておくとスムーズに取りかかれます。

  • 周囲をビニール袋などで養生する
  • 換気扇の下に新聞紙を敷く
  • 電源プラグを抜き電源をオフにする
  • 掃除箇所のブレーカーを落とす
  • 高い場所の場合足場を用意する

シロッコファンタイプの換気扇掃除の手順<カバーが外せる場合>

シロッコファンタイプの換気扇を掃除するには、まずファンを外すところからスタートです。横に動かしたりネジを外したりと、外し方はそれぞれ異なるため、分解方法については取扱説明書を確認し、外す際はファンが落下しないよう手で支えながら外しましょう。パーツが外れたら、2重にしたゴミ袋の中に40~60℃のぬるま湯とアルカリ性洗剤を入れてつけ置きにします。汚れ具合に応じて30~1時間程度で取り出し、スポンジや歯ブラシなどで細かい箇所の汚れを落としていきましょう。

カバーは、アルカリ性洗剤を染み込ませた雑巾で拭き、レンジフードなどのひどい汚れは、洗剤を浸したキッチンペーパーを汚れた箇所に貼りつけ、上からラップをして30分~1時間後に外し、雑巾で拭き取れば完了です。キレイになったパーツに水分が残ったまま取りつけるとカビが発生する要因になるため、しっかり乾燥させてから、元に戻しましょう。

シロッコファンタイプの換気扇掃除の手順<カバーが外せない場合>

中には、カバーが外せないものや取扱説明書などがなく構造がよくわからないものもあるかもしれません。ファンが外れない場合は、アルカリ性洗剤を染み込ませた雑巾で、できる範囲を拭き掃除します。汚れが気になる場合は、ハウスクリーニングへの依頼を考えてみてはいかがでしょうか。

【キッチン・お風呂・トイレ】換気扇掃除の手順 <プロペラファンタイプ>

【キッチン・お風呂・トイレ】換気扇掃除の手順 <プロペラファンタイプ>

続いて、プロペラファンタイプの換気扇掃除の手順です。掃除するために用意しておきたい準備物も確認しておきましょう。

まず用意しておきたいのは、主に以下の通りです。

  • 酸素系漂白剤
  • アルカリ性洗剤
  • ゴム手袋
  • マスク
  • 新聞紙
  • 使い古しの歯ブラシ
  • スポンジ
  • 雑巾
  • お湯

そして、シロッコファンタイプの掃除と同じく、掃除の前には以下の下準備もしておきましょう。

  • 周囲をビニール袋などで養生する
  • 換気扇の下に新聞紙を敷く
  • 電源プラグを抜き電源をオフにする
  • 掃除箇所のブレーカーを落とす
  • 高い場所の場合足場を用意する

プロペラファンタイプの換気扇掃除の手順

まずは、フィルターと、パネルとパネル下の油だまりを外して、パーツを分解します。パーツが外れたら、2重にしたゴミ袋の中に40~60℃のぬるま湯とアルカリ性洗剤を入れてつけ置き、汚れ具合に応じて30分~1時間程度で取り出し、スポンジや歯ブラシなどで軽くこすり洗いします。

換気扇本体は、アルカリ性洗剤を染み込ませた雑巾で拭き、細かい部分は歯ブラシを使って掃除します。プロペラの中心にある軸棒は、スムーズに取り外しができるよう潤滑油が塗ってあり、そこをキレイに拭き取ってしまうと取り外しが難しくなることもあるため気をつけてください。パーツをしっかり乾燥させ、元に戻したら完了です。

【キッチン・お風呂・トイレ】換気扇掃除の頻度と注意点

【キッチン・お風呂・トイレ】換気扇掃除の頻度と注意点

キッチン・お風呂・トイレの換気扇掃除は、それぞれどんな頻度で行うべきなのでしょうか。掃除を行う頻度の目安を確認していきましょう。

キッチンの換気扇掃除

油汚れが発生するキッチンの換気扇は、掃除の頻度が年に1~2回という人もいるかもしれませんが、実は月に1~2回が理想です。時間が経つほどに汚れが積み重なり、落とすのが困難になってしまうため、定期的に掃除をしておくといいでしょう。

お風呂の換気扇掃除

お風呂の換気扇掃除の頻度は、3ヵ月に1度が理想的です。お風呂の換気扇掃除の場合、天井に換気扇があることも多く、足場が悪く転倒してしまう可能性もあるため、十分に気をつける必要があります。

しっかりした踏み台や脚立を使うのがおすすめですが、浴槽のへりに立った状態で進める場合は、濡らしたタオルをへりにかけ、滑り止めにするなどして安全対策してください。電源を切っていても、換気扇本体に水を直接かけるのは避けておきましょう。漏電やショートにより、換気扇が故障したりケガしたりする原因になります。

トイレの換気扇掃除

トイレの換気扇掃除は、キッチンとは異なり汚れがつきにくくはありますが、掃除しないと臭いや故障の原因となります。ホコリがつきやすいようなら2~3ヵ月に1回程度、あまり気にならない場合でも、少なくとも年に1~2回は掃除しておくのが理想的でしょう。

トイレのフタの上に立って掃除すると、トイレが破損してしまう可能性があるので、脚立や踏み台などを使用してください。また、トイレの換気扇は24時間稼働しておくのがおすすめです。臭いを逃したりカビの発生を防止したりすることにつながり、ホコリもたまりにくくなります。

換気扇の掃除をハウスクリーニングに依頼するのもおすすめ!

換気扇の掃除をハウスクリーニングに依頼するのもおすすめ!

換気扇の掃除は、細かい部分の掃除も必要となるため、プロに依頼して徹底的にキレイにしてもらうのもいいでしょう。ハウスクリーニングに依頼した場合について確認していきます。

換気扇掃除の時間がなかなか取れないならハウスクリーニングを検討しよう

忙しくて掃除の時間があまり確保できない、触りたくないくらい汚い……、そんなときはハウスクリーニングに依頼するのもおすすめです。短時間で確実に換気扇をキレイにしてくれるのが、ハウスクリーニングに依頼するメリット。費用はかかりますが、換気扇を確実に手間なくキレイにしたい人に最適です。

換気扇掃除のプロに依頼した場合料金はどのくらい?相場価格をチェック

ハウスクリーニングに依頼する場合、料金相場は会社や換気扇のタイプによっても異なりますが、およそ10,000~20,000円となっています。複数箇所を依頼すると安くなるキャンペーンを行っていることもあるため、気になる箇所の換気扇掃除を依頼してみるのもいいでしょう。

まとめ

面倒なイメージのある換気扇掃除ですが、放置していると汚れや菌で部屋の空気までよどんでしまうため、定期的に掃除しておく必要があります。特に、油が張りつくキッチンは頑固な汚れになりやすい箇所なので、より頻繁な掃除が必要です。

換気扇掃除の時間がなかなか取れないなら、ハウスクリーニングに依頼して短時間で確実にキレイにしてもらうのもいいでしょう。

オールクリーンの ハウスクリーニング ハウスクリーニング

お掃除のプロが、快適な毎日の生活を守ります。 多忙なお客さまを中心にハウスクリーニングも承っています。ご自身では取りにくい汚れも掃除のプロが解決します。
引っ越しの際の原状回復から、臭いやカビ・ホコリが気になるエアコンクリーニングやキッチンのレンジフードクリーニング、浴室クリーニングなど、なかなか落としづらいお家の中のあらゆる汚れを除去して、衛生的で快適な生活をお送りいただけます。

Contactお問い合わせ

ゴミ屋敷清掃、遺品整理、生前整理、
ハウスクリーニングの事なら、
オールクリーンにご相談ください。

対応エリア

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県