ゴミ屋敷清掃、特殊清掃から遺品整理、生前整理まで幅広く対応しております

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • YouTube
メニュー 閉じる

コラム

オールクリーンでは、これまで多くのお客さまにご満足いただけるサービスを提供してまいりました。総合清掃サービスの最新情報をはじめ、お役に立てていただけるコラムをご用意しましたので、ご覧ください。

コラム コラム

家を相続するにはまず何をすれば良い?手続き方法や税金についても解説

遺品整理

避けては通れない家の相続問題。いざというときに困らないためにも、事前に手続き方法や対処方法を知っておくことが大切です。この記事では、相続の際に関わる手続きや、必要な費用から家の相続で注意するべき点までご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

そもそも相続人は誰?どうやって確定させるの?

そもそも相続人は誰?どうやって確定させるの?

相続手続きはめったに発生しないので、よく分からないと思っている方も多いのではないでしょうか。そこでまず、法定相続人や簡単な相続の流れ、方法など、相続にまつわる基本的な情報を説明していきます。

法定相続人とは

そもそも法定相続人には、配偶者や血族が含まれます。血族とは簡単にいうと血縁者のことです。生物学上の血縁はもちろん、養子縁組の血族も該当します。妻や夫といった配偶者は常に相続人ですが、そのほかの法定相続人には優先順位があり、優先順位が高い人から法定相続人になります。優先順位第3位の人が、第1位の人がいるにも関わらず法定相続人になることはありません。

相続手続きの流れ

それでは、簡単に相続手続きの流れを知っておきましょう。

①亡くなった人の戸籍謄本で、法定相続人を確認する
②遺産の調査(不動産・預貯金・有価証券など)
③遺言書があるかないか確認する
④相続するかどうかを検討
⑤遺言書がなければ、遺産をどう分けるのか協議し分割する
⑥名義変更手続き

今回紹介したものはざっくりとした流れではあるものの、相続手続きではこういったことを確認しなければいけないということが分かれば、取り組みやすいでしょう。

4つの遺産分割方法

ここでは、相続財産の4つの分け方について説明していきます。

現物分割

遺産をそのまま分けることをいいます。たとえば、家は配偶者、車は長男、株式は長女といった分け方です。現物分割は4種類の中でもっともスタンダードな分割方法といわれています。

代償分割

遺産の全部や一部を1人の相続人に相続させ、ほかの相続人が受け取る予定だった分は現金で代償金として支払う方法です。不動産をたくさん保有しているなど、分けるのが難しい財産のときに使われます。たとえば、長男が5,000万円相当の不動産を相続して、長女が1,000万円の現金を相続する場合です。長男は長女よりも多く相続しているので、代償金を支払って不公平さが解消されます。

換価分割

すべての遺産を現金にして、相続人に公平に分配する方法です。たとえばすでに東京で持ち家を持っている長男や長女が、地方に住んでいた親の家を相続することになったとします。東京が拠点となり親が亡くなったことで地方に行くことがなくなれば、実家を残しておく理由がありません。そういったときに、実家を売却し現金にして分ければ相続しやすくなるというものです。

共有分割

相続財産を複数の相続人で、共同で所有する方法です。たとえば、配偶者(母)と長男が同居しており、家の名義人(父)が亡くなった場合、家を共有分割して配偶者と長男が相続することは可能です。
共有分割は、共有者全員が同意しないと売却や建築ができないなど手間が増えるため、遺産分割の中では最終手段として使われます。

家の相続にはどれくらいの手続き費用がかかる?

家の相続にはどれくらいの手続き費用がかかる?

単なる相続であっても知らないことが多いので、家の相続にかかる税金や諸経費について知っている方は少数でしょう。ここでは、相続にはどれくらいの税金や手続き費用がかかるのか見ていきます。また相続で使える控除についても説明します。

家の相続手続きにかかる税金と費用

家の相続で行われる手続きは相続登記と呼ばれ、簡単にいえば、相続人への名義変更手続きになります。相続登記にかかる費用は、登録免許税と諸経費、専門家への報酬です。登録免許税は固定資産評価額の0.4%で、諸経費は戸籍や住民票など必要書類を準備するための費用になります。相続登記を専門家に依頼すれば、その分報酬が必要です。相続登記は法務局で行い、専門家に依頼せず自分で相続登記する人もいるようです。

相続で使える控除にはどんなものがある?

控除には「一定の金額を差し引く」という意味があり、支払いの負担を減らしてくれる制度です。そんな控除は、相続でも使えるものがあります。相続で使える基本的な控除にはどんなものがあるのか、見ていきましょう。

配偶者控除

配偶者が相続する財産の評価額が、1億6,000万円までなら課税されないというものです。また、1億6,000万円を超えたとしても、法定相続分の範囲内なら課税されません。一般的な家庭であれば、相続財産が1億6,000万円以内となることが多いでしょう。

基礎控除

そのほかには基礎控除があり、3,000万円+600万円×法定相続人の数で計算できます。この式で導き出された基礎控除額よりも、遺産額が少なければ相続税はかかりません。

生命保険金や死亡退職金の非課税限度額

生命保険金や死亡退職金は、遺族の生活保障という意味合いから一定の非課税枠が設定されています。そのためその非課税枠内であれば課税されません。計算式は、500万円×法定相続人の数です。たとえば、法定相続人が3人だったら、500万円×3人で1,500万円まで非課税となります。

未成年者控除

満20歳未満の人が相続人となる場合は、未成年者控除が受けられます。成人するまでの養育費という意味合いで控除されるようです。計算式は、20歳になるまでの年数×10万円となります。

家の相続で注意しなければならないこと

家の相続で注意しなければならないこと

家や土地は分割しにくく、そもそも相続トラブルが起こりやすいものです。1人で相続すればさほど問題にならなくても、相続人が多いと巻き込まれることもあります。ここでは、家の相続で注意しなければいけない問題を事前に把握しておきましょう。

登記は早めに済ませる

家を相続した場合は、登記は早めに済ませておくのが鉄則です。実は家の相続登記に期限はなく、いつ手続きをしても良いことになっています。だからといって手続きを先延ばしにしていると、ほかの相続人に相続登記され売却されてしまう事例があるのです。家は相続登記が完了して初めて相続人の所有物となるため、登記していないと所有物とはいえませんので注意しましょう。

定期的にメンテナンスすること

相続した家は、特定空家に認定されないように注意してください。認定されると、毎年支払う固定資産税が通常の6倍になる場合があります。相続した家が遠方でなかなか行けない人は、売却を検討するのもひとつの方法です。放置する時間が長くなればなるほど家は劣化し、売却の前にリフォームが必要となり余計に出費がかさむこともあるでしょう。

家の相続でもめないためにしておきたいこと

家の相続でもめないためにしておきたいこと

通常の相続であっても「争」という漢字を使い「争続」と呼ばれることもあります。それだけ相続は、トラブルを引き起こしやすいものなのでしょう。そこで最後に家の相続で、もめないために事前に抑えておきたいポイントを紹介していきます。

相続について話し合っておこう

相続の話は健康なときにはなかなか話しづらいものです。ただ、相続手続きで、もめないためにも、親の意向を家族で共有しておく必要があります。できれば、遺言書の作成までしておくと、家族や子ども間でのトラブルが軽減できるでしょう。あんなに仲が良かった兄弟が、相続で仲たがいしたという話は本当によくある話です。自分の家族でもあり得ることだと考え検討してみてください。

相続人の確定

事前に誰が相続するのか確定しておくと、相続が発生してから慌てることなくスムーズに手続きができるでしょう。また確定までは…と思う人は、相続人が誰になるのかを見つけておくのも大切です。親の相続で子どもがすでに他界していると、孫が相続人になることも。また離婚や再婚を繰り返していると、実はもう1人法定相続人がいたというケースもあるからです。

相続放棄という選択肢も

最後に知っておいてほしいのが、相続しない相続放棄という選択肢があることです。相続財産に負債が多い場合や相続問題に関わりたくないといった理由で使う人がいます。しかし、相続放棄は相続開始を知ってから3カ月以内に、家庭裁判所に申し立てをしなければいけません。中には相続放棄が認められない場合もあるので、相続放棄を検討している際は相続財産に手をつけていない状態で弁護士に相談するのがおすすめです。

まとめ

相続手続きは煩雑で、専門用語が多く分かりにくいと感じる人もいるでしょう。しかし流れを知って要点を押さえておけば、比較的対処しやすくなります。その上で、いざ家の相続をするときに困らないように事前の準備や話し合いを重ねておけば、相続人間でのトラブルは軽減できるでしょう。

オールクリーンの 遺品整理 遺品整理

葬儀後のご遺族のご負担を軽減 故人の大切なものでも、遺族にとってはその価値がわからないものは多く存在します。遺族の方に代わって、遺品整理をお手伝いいたします。
突然亡くなった故人のお部屋の片づけ、清掃、遺品の処分など遺品整理は、現在のようなライフスタイルの中ではご遺族だけで解決することは難しくなってきています。
オールクリーンでは、遺品整理士の資格を持ったスタッフをはじめ、豊富な経験により培ったノウハウで故人の方にも遺族の方にもご満足いただけるサービスを提供しています。

Contactお問い合わせ

首都圏の総合清掃サービスのことは、
ご相談ください