ゴミ屋敷清掃、特殊清掃から遺品整理、生前整理まで幅広く対応しております

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • YouTube
メニュー 閉じる

コラム

オールクリーンでは、これまで多くのお客さまにご満足いただけるサービスを提供してまいりました。総合清掃サービスの最新情報をはじめ、お役に立てていただけるコラムをご用意しましたので、ご覧ください。

コラム コラム

新居で生活し始めるその前に!入居後すぐにやっておくべき汚れ防止対策とは

ゴミ屋敷清掃

購入したマイホームで早く暮らしたい!と、逸る気持ちも分かりますが、ちょっと待った!入居する前に、汚れ防止対策をしておきましょう。新居のときに対策しておくことで、キレイな状態を長くキープすることができますよ。汚れ防止対策しておくべき箇所や方法を、詳しく確認しておきましょう。

あとで後悔しないために!新居で生活する前にまず汚れ防止対策から

あとで後悔しないために!新居で生活する前にまず汚れ防止対策から

引越しは心機一転できるタイミング。早く新居での生活を始めたい!という人も少なくないでしょう。しかし、生活を始める前に、まず汚れ防止対策をしておくのがベスト。そのワケを詳しく解説していきます。

キレイな新居で掃除や汚れ対策が必要なワケは?

今後のお手入れを楽にするための対策は、その箇所がキレイな状態であればあるほど、効果が高くなります。生活を始める前のキレイな状態で、掃除や汚れ対策をしておくことで、入居時のキレイな状態をキープしやすくなるでしょう。家具や家電を搬入すると、その場所は掃除しにくくなってしまうため、家具や荷物を搬入する前の、何もない状態でしておくのがベストです。入居時ではなく、入居の数日前までに新居に出向いて掃除や汚れ対策できるようスケジュール調整してください。

入居前の掃除、しておくべきポイントは?

入居前の掃除は、まず窓を開けて外の空気を入れつつ、掃除機がけをしましょう。入居前のものがない状態なら、掃除機が持参できなくても、ほうきとちりとりで十分事足ります。仕上げに床を水拭きすると、ザラつきが気にならなくなるでしょう。ただし、水拭きしてしっかり乾いていない状態で家具を搬入するのは避けておくのがベター。入居まで数日間の猶予があるなら水拭き、ないなら乾拭きがおすすめです。家具を置くと掃除しにくくなってしまう、床と壁の間の巾木も、忘れず拭き上げておきましょう。

さらに、このタイミングで、害虫予防として燻煙タイプの殺虫剤をまいておくのがおすすめです。

汚れ防止対策<キッチン編>

汚れ防止対策<キッチン編>

汚れが蓄積しやすいキッチンは、特にしっかり汚れ防止対策をしておきたい場所ですよね。掃除が大変な油汚れを防いで、お手入れを楽にしておきましょう。

コンロ周りの壁をカバー

油や調味料が飛び散り、いつの間にか汚れているコンロ周りの壁は、拭きやすいタイルなどになっていることが多いですが、壁を拭くのは意外と大変。事前に汚れ防止シートを貼っておくのがおすすめです。のりでくっつけるタイプは、キレイにはがせないこともあるため、はがしやすさを重視して選ぶのがいいでしょう。

コンロのふちをカバー

ビルトインコンロと調理台が接しているすき間には、いつの間にか食べ物のカスなどが入り込んでしまい、一度入ると面倒な場所です。コンロのふちのすき間を埋めるため、専用のシリコンテープなどを貼っておくと、汚れが入りにくくなります。

グリル排気口をカバー

コンロの上にある排気口は、油汚れがつきやすいのに掃除しにくい厄介な箇所。排気口の上に設置する排気口カバーで覆い、排気口カバーが汚れないように対策しておきましょう。カバーを丸洗いできるなど、掃除のしやすさを重視して選ぶのがおすすめです。

シンクをコーティング

乾くと白い水垢が気になるシンクは、事前にコーティングしておくことで、キレイな状態を保ちやすくなります。コーティングの方法は、スプレータイプもしくは液体拭き取りタイプの2つ。手間をかけずにコーティングしたいならスプレータイプ、多少の手間はかかるけど長持ちする方がいいなら液体拭き取りタイプを選ぶといいでしょう。シンクの素材によっては使えないものもあるため、事前に確認しておくことも大切です。

汚れ防止対策<お風呂・洗面所・トイレ>

汚れ防止対策<お風呂・洗面所・トイレ>

続いては、お風呂と洗面所、トイレといった水回りの汚れ防止方法についてです。どの場所も、清潔さを保ちたい場所ですよね。できるだけ掃除の手間を減らしつつ、入居時のキレイな状態をキープしておきましょう。

【お風呂】カビができにくくなる燻煙剤をまく

どうしてもカビが発生しやすいお風呂は、カビができてから対策するのではなく、事前にカビ対策をするのがベスト。カビができにくくなる燻煙剤を、入居時のお風呂を使う前にまいておき、対策しておくのがおすすめです。定期的に燻製剤を使うことで、カビが発生しにくくなるでしょう。

【お風呂・洗面所】鏡をコーティング

お風呂や洗面所の鏡は、湿気で曇りやすい場所。曇ってしまうといざ鏡が必要なタイミングできちんと見えないこともありますよね。鏡を曇り止めコーティングしておけば、不要なストレスを排除することができます。数ヶ月に1度、定期的な塗り直しが必要なので、始めに使った日付を書き留めておいたり、塗り直しのタイミングを決めておいたりするといいかもしれません。

【トイレ】床のすき間をカバー

トイレの水がもれると、便器と床のすき間に入り込んでしまうこと、ご存知ですか?便器と床のすき間を、シリコン製のカバーやチューブタイプのすき間埋めでカバーして、水漏れを予防しておきましょう。

コーキング材が使用されている部分にはマスキングテープが使える!

コーキング材が使用されている部分にはマスキングテープが使える!

どの家にもあるであろう、ゴム製のつなぎ目のことをコーキングと言います。粘着性があり、ゴミが付着しやすい箇所。忘れずに対策しておきたい場所のひとつです。コーキング部分の汚れ対策におすすめなのは、マスキングテープ。対策方法について、詳しくチェックしていきましょう。

コーキング材のある部分は掃除が面倒!

壁紙と巾木の間にあるコーキングは、住宅でいろいろな場所に使用されている、ゴム製のつなぎ目です。見落としがちな箇所ではありますが、粘着性のあるコーキング部分にゴミやほこりがついてしまうと、モップなどでもなかなか除去できず、拭き掃除をすると中に入り込んでしまいます。そのままの状態ではコーキング材が黒ずみ、目立ってしまうこともあるかもしれません。あとから対策しようと思っても、先にほこりを除去する手間があるため、入居前のキレイな状態で対策しておくのがベストです。

マスキングテープを使う際のポイント

粘着性のコーキング材がむき出しにならないよう、マスキングテープで覆っておけば、汚れ防止にひと役買ってくれます。マスキングテープなら、貼った箇所を傷つける心配もなく、マスキングテープが汚れたらはがすだけで掃除完了。定期的にマスキングテープを替え、コーキング箇所が汚れないようにしておきましょう。マスキングテープは、貼る場所になじむ色や幅など、貼って目立たないかどうかが、選択基準。コーキング箇所にまっすぐ貼り、すき間ができないよう角をハサミなどで沿わせるのがポイントです。

マスキングテープを貼っておくべき場所

マスキングテープを貼っておきたい場所は、以下のようなところがあげられます。

  • サッシの溝
  • 洗面所とキッチンのコーキング箇所
  • お風呂のドア枠
  • 壁と巾木のつなぎ目

専用のすき間埋めが販売されていることもありますが、マスキングテープなら手軽に用意できるのもポイントです。特に掃除が面倒な箇所は、マスキングテープで事前に対策して、汚れを防止しておきましょう。

引越し前のクリーニングを業者に依頼するのも◎!

引越し前のクリーニングを業者に依頼するのも◎!

引越し前の新居をキレイにしておきたいけど、時間が取れない、面倒!なんてこともありますよね。そんなときは、清掃業者に依頼してキレイにしてもらうのもいいかもしれません。入居前のクリーニングにかかる費用や業者について解説していきます。

掃除できる箇所は全て依頼可能!価格相場はどのくらい?

新居は基本的にハウスクリーニングされていますが、どの程度キレイな状態になっているのかは分かりません。新居で安心して生活するため、気になる箇所を自分で清掃業者に依頼するのもいいでしょう。掃除に加えて除菌を依頼するのもおすすめです。

入居前の空き部屋の状態でクリーニングを依頼する場合の相場費用は、以下のようになります。

ワンルームアパート:2~4万円程度
1LDK〜2LDK:4〜8万程度
4LDK:5〜11万円程度

部屋数が多く、全部の部屋を依頼したい場合には、1日では終わらないこともあります。水回りだけなど、特にキレイにしておきたい箇所をピンポイントで依頼するのもいいかもしれません。

失敗しないために!清掃業者の選び方

清掃作業中、新居を傷つけられるトラブルが発生することもあり得ます。賠償責任保険に加入しているなど、万が一何かあった際に保証してもらえるかどうかは必ずチェックしておきましょう。必ず複数の会社に見積もりを出してもらい、比較検討するのがおすすめです。見積もりは、まとめた価格ではなく、作業を細かく分類した詳細を出してくれる業者なら安心です。極端に安いと、クリーニングの質も悪くなりがちなので、避けておいた方が無難でしょう。

まとめ

新居のキレイな状態をキープできるかどうかは、入居前のひと手間が大切です。引越し準備で大変なタイミングかもしれませんが、やっておく価値は十分!汚れ対策を忘れずにスケジュールに組み込み、今後の掃除の手間を省いてください。

オールクリーンの ゴミ屋敷清掃 ゴミ屋敷清掃

ご家族では手に負えなくなったお部屋の清掃にも対応 近所からの臭いや通行の妨げになるというクレームがあったり、ゴミの量が多く個人では手が負えなくなってしまったゴミ屋敷、汚部屋などと呼ばれる家やお部屋の清掃を承ります。
住民の方がどんなに大切だと思って集めたものでも、ゴミを貯めることで周囲への臭いや通行の問題をはじめ、いつ発生するかわからない火事への不安、そして害虫・害獣の住処にもなります。
経験豊かなスタッフが、ゴミの回収、臭いの除去、害虫駆除を行い、きれいなお家での生活をお約束します。

Contactお問い合わせ

ゴミ屋敷清掃、遺品整理、生前整理、
ハウスクリーニングの事なら、
オールクリーンにご相談ください。

対応エリア

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県