ゴミ屋敷清掃、特殊清掃から遺品整理、生前整理まで幅広く対応しております

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • YouTube
メニュー 閉じる

コラム

オールクリーンでは、これまで多くのお客さまにご満足いただけるサービスを提供してまいりました。総合清掃サービスの最新情報をはじめ、お役に立てていただけるコラムをご用意しましたので、ご覧ください。

コラム コラム

思い出の品を後悔なしに捨てるコツ!整理のポイントを解説

生前整理

共有

今現在必要はないけれど、思い入れがあったりもらったものだったりと、なかなか捨てられない思い出の品はありませんか?今回ご紹介するのは、後悔しない思い出の品の捨て方です。思い出の品を整理して、スッキリしてみてはいかがでしょうか。

風水的にも悪影響!必要ないけどなかなか捨てられない思い出の品

風水的にも悪影響!必要ないけどなかなか捨てられない思い出の品

今現在使わないけれどなんとなく捨てられないもの、家の中に点在していませんか?収納スペースを取るのはもちろんのこと、風水的にも悪影響なのだとか。詳しく確認していきましょう。

家の中にあふれていない?なかなか捨てられない思い出の品

思い出の品の定義は、“今後使う可能性が低く、思い入れがあるもの”です。家のあちこちに思い出の品があり、整理整頓の妨げになっている、なんてことはありませんか?なかなか取り掛かりにくい思い出の品の整理ですが、まずは分類し、検討していくのがおすすめです。

古いものや壊れたもの、使っていないもの=運気ダウン?

風水的に見ると、陰の気が宿り、運気ダウンにつながるといわれているのは、古いものや壊れたもの、使っていないもの。思い出の品が、ほこりをかぶって放置されているような状態になっているなら、何らかの対応が必要でしょう。反対に、気に入って大切にしているものや、見ていて楽しい気分になるようなものには陽の気が宿るとされており、運気アップにつながるといわれています。ただ取っておくのではなく、自分にとって必要なものかどうかを見極める必要があるかもしれません。

分類方法①なんとなくたまっていたもの

分類方法①なんとなくたまっていたもの

思い出の品といっても、その種類は多岐にわたります。今回は、思い出の品の分類方法と、それぞれの処分の仕方を、順を追ってご紹介していきます。まず初めに紹介するのは、どこの家にもあるであろう、なんとなくたまっていたものについてです。

年賀状や給与明細、名刺、レジャーの思い出

なんとなくたまっていたものの例としては、以下のようなものがあります。

  • 年賀状
  • 名刺
  • レジャーのチラシや半券
  • 給与明細

ここ数年見返していない、整理方法が定まっていないなど、処分する機会がなかったものは、なんとなくたまっていたものに分類するとよいでしょう。

管理方法や期限を決めよう!

なんとなくたまってしまう原因は、管理方法が定まっていないことにあります。まずはルールを定めて、それ以外は処分することで、たまりにくくすることができるでしょう。年賀状や給与明細はファイリングし、「3年分は保管する」などと期限を決めておきます。レジャーの思い出を取っておきたいなら、「ファイルがいっぱいになったら見直して、不要なものは捨てる」などといったルールを決めるのもよいでしょう。写真やアプリなどを使い、データで残し、現物は処分するという方法をとれば、よりスッキリするかもしれません。

分類方法②使わない贈り物

分類方法②使わない贈り物

続いての分類は、使っていない贈り物です。もらってそのまましまい込んでしまったようなもの、心当たりはありませんか?

親戚や友達からもらったけど使っていないもの

使わない贈り物とは、友達や親戚からもらったけど趣味ではない、サイズが合わないなどの理由で、使っていないもののこと。必要はないけれど、まだ新しいのに捨てるのはもったいない、相手との関係性などにより、捨てづらいものになっているものが、家の中に眠ってはいないでしょうか。

使う予定がないものは思い切って処分!

収納スペースに余裕があり、相手との関係性により捨てられないものはそのままでもよいかもしれませんが、基本的に使う予定がないものは、思い切って手放してしまいましょう。いただいたことへのお礼をきちんとすれば、贈り物としての義務は果たしたと割り切るのもひとつの方法。収納スペースには限りがあるため、保管したものであっても、一定期間たったら手放していきしょう。

分類方法③ライフイベントの思い出の品

分類方法③ライフイベントの思い出の品

続いては、子どもの思い出の品や手紙など、年を重ねるごとに増えていくライフイベントの思い出の品について、見ていきましょう。

学生時代の教科書、アルバム、前職の資料、写真、子どもの思い出の品など

ライフイベントの思い出の品としては、以下があげられます。

  • 学生時代の教科書
  • アルバムや写真
  • 前の仕事の資料
  • 子どもの思い出の品
  • 結婚式のアイテム
  • 手紙

ライフイベントの思い出が詰まっているため、なかなか捨てづらいものも多いはず。特に、子どもがいると、思い出の品は幼稚園、小学校と、年を重ねるごとに増えていく一方で、整理がしにくいということもあるでしょう。

全部保管しておくのは至難の業!少しずつ量を減らしていこう

ライフイベントの思い出の品を、全て保管しておくには、たくさんの収納スペースが必要になります。ライフイベントが重なるにつれ、古いものに対する思い入れはだんだんと薄くなるはず。定期的に見直して、少しずつ全体量を減らしていくようにしましょう。写真はデータ化してアルバムを減らしたり、厳選したベストアルバムを作ったりするのもよいかもしれません。残しておくものはしまい込むのではなく、思い出コーナーを作るなどして、飾って残しておくのもよいでしょう。家族に見せたいかどうかも、処分するか保管するかの判断基準のひとつです。

思い入れが大きいものは無理に手放さなくてもよい

思い入れが大きいものは無理に手放さなくてもよい

思い出の品の中には、思い入れが大きいものや精神的な支えになっているようなものもあるでしょう。そういったものを無理に手放すと、後悔することにもなりかねません。思い出の品を分類したうえで、心に響くものだけを厳選し、大事に保管しておきましょう。迷ったものはいったん捨てず、日を改めて判断するのもよいかもしれません。

写真やフィルム、ビデオなどをデータ化してくれる業者を頼るのも◎

写真やフィルム、ビデオなどをデータ化してくれる業者を頼るのも◎

思い出の品の整理は、時間や気持ちに余裕がないと、なかなか難しいですよね。写真やフィルムをデータ化する方法が分からないということもあるかもしれません。そんなときに頼れる業者について解説していきます。

なかなか手がつけられないなら業者を頼る方法もある

思い出の品の中でも特に量が多いのが、写真ではないでしょうか。数十年間の思い出の写真を整理するのは大変です。また、昔の写真やフィルム、ビデオをデータ化するのは、知識がないと難しいかもしれません。そんなときに頼りたいのが、写真プリントサービスを行う会社などが提供している写真のデータ化を請け負うサービスです。写真のアルバムをスキャンしてデータ化し、スマホで見られるようにしたり、DVDやブルーレイに残したりと、大切な思い出を残すお手伝いをしてくれます。

たくさんの台紙アルバムをデータ化すれば、収納スペースを減らすことができるはず。整理する時間がなかなか確保できない、どうやってデータ化したらよいか分からないという人は、こういったサービスを利用するとよいでしょう。

相場価格と業者を選ぶときのポイントは?

写真のデータ化サービスの価格は、選ぶ業者によっても異なります。アルバム写真やバラ写真、フィルムなど、対応している内容も異なるでしょう。褪色している写真をスキャンして復元してくれるサービスもあります。相場価格は、60Pまでのアルバム1冊をデータ化するのに、およそ5,000円。台紙アルバムはもちろんのこと、学生時代の卒業アルバムをデータ化してもらうのもよいかもしれません。業者を選ぶ際のポイントは、複数の業者を比較検討してから決めることです。

ホームページや問い合わせダイヤルなどで、内容をしっかり確認してみましょう。店舗がある場合は、直接お店に出向いて相談するのもよいでしょう。

まとめ

使わないけど思い入れのある思い出の品は、整理するのは難しいもの。処分してしまい後悔しないためにも、ひとつひとつ手に取り、思い出の品と向き合うのがおすすめです。ご紹介した分類により、保管するか手放すかを、自分の価値観に沿って判断してください。また、量が多くなりがちな写真はデータ化して、賢く保管するのがおすすめです。データ化してくれる業者もたくさんあるため、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

生前整理のコラム

  • 生前整理

    一人っ子の相続の方が大変?事前に用意しておきたいこととは

    共有

    共有一人っ子が多くなりつつある現在では、相続でもめることは少ないと思っていませんか?実は一人っ子の相…

  • 生前整理

    思い出の品の保管方法とは?上手な整理方法を身につけて大切にしよう

    共有

    共有部屋にある荷物を整理するときには、不要物の処分が必要です。しかし、使わないけれど処分できない…と…

  • 生前整理

    ペットは相続できる?飼い主死後に困らないためにはどんな準備が必要?

    共有

    共有ペットを飼っている人が不安に思うのは「自分の死後ペットの世話を誰がしてくれるのか」ということでし…

オールクリーンの 生前整理 生前整理

終活の一環として事前に身辺整理を 終活を兼ねて、遺産の相続先がいない、核家族化の影響など、生前に家の中の整理を行う方は、年々増えてきています。
ご自身がなくなった後に遺品整理を行う場合、ご遺族にすべてを託すことになるため、ご遺族の負担も大きく、さらにご本人の意思通りに遺品を財産として扱ってもらえないケースは多々あります。そこで生きているうちに生前整理を行うことで、お客さまの意思通りの財産目録を作成することが可能となります。
オールクリーンでは、お客さまに寄り添って生前整理をお手伝いいたします。

Contactお問い合わせ

ゴミ屋敷清掃、遺品整理、生前整理、
ハウスクリーニングの事なら、
オールクリーンにご相談ください。

対応エリア

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県