ゴミ屋敷清掃、特殊清掃から遺品整理、生前整理まで幅広く対応しております

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • YouTube
メニュー 閉じる

コラム

オールクリーンでは、これまで多くのお客さまにご満足いただけるサービスを提供してまいりました。総合清掃サービスの最新情報をはじめ、お役に立てていただけるコラムをご用意しましたので、ご覧ください。

コラム コラム

思い出の品の保管方法とは?上手な整理方法を身につけて大切にしよう

生前整理

共有

部屋にある荷物を整理するときには、不要物の処分が必要です。しかし、使わないけれど処分できない…と悩む思い出の品もありますよね。処分することが難しい物は、整理方法を見直す、形を変えて保管するなどの方法を試してみると良いでしょう。今回ご紹介する方法で、思い出の品を上手に保管するコツをつかんでみてくださいね。

なかなか捨てられない思い出の品にはどんなものがある?

なかなか捨てられない思い出の品にはどんなものがある?

大切だからと保管している思い出の品を、大掃除や引っ越しのときに本当に必要かな…と思ったことはありませんか?一般的に思い出の品と考えられている物をご紹介するので、すべてを保管するべきなのか考えてみてくださいね。

古い年賀状をはじめとする郵便物

思い出の品として手紙類を保管している人は、多いのではないでしょうか?遠く離れた友人からもらった手紙やラブレターなど送り主の気持ちがこもった物はもちろん、年に1回だけ届く年賀状も捨てられずに溜まっていくことがあります。

しかし、保管していても読み直すことはなく、処分するきっかけがなかっただけという場合がほとんどです。あまりに古いものは捨てる、連絡を取り合っていない人からの手紙は処分するなど、保管する基準を決めて選別することがおすすめです。

彼氏や友人からもらった未使用のプレゼント

誕生日や記念日にもらうことがあるプレゼントを、大切にしすぎて結局使えなかった…という話を耳にすることがあります。気持ちのこもったプレゼントを長期間保管していると、トレンドではなくなったり環境や身体が変化したりして使用できなくなる場合もあるでしょう。使えないものを保管しておくことは、必要な物が保管できなくなることにつながります。大好きな彼氏や友人から贈られたプレゼントでも割り切って、すべてを保管するのではなく、一部を処分することが必要でしょう。

幼稚園・小学校などで使った本やノート

自分の物は比較的捨てやすいけれど、子どもの物は記念に残しておきたいという人がいます。幼稚園時代に使っていた落書き用のスケッチブックや小学校に入学して始めてもらった教科書、毎日頑張って勉強していた書き取り練習のノートなどが該当するでしょう。見返すと幼い頃の子どもが使っていたシーンが蘇る思い出の品ですが、再び使われることは少なく、1度保管していくと際限なく溜まっていくばかりです。

使用済みの物を無条件に残すことはやめておくのが無難だといえます。すでに押し入れや倉庫に大量保管してあるという場合は、少しずつ整理していくと良いでしょう。

結婚式や新婚旅行などイベントに関係する物

人生の節目ともいえるイベントで使った物は、思い出が詰まっていてなかなか捨てられないことがあります。ウェディングアイテムや新婚旅行先で購入したお土産など、当時の気持ちを忘れないためにも大切にしたい思い出の品でしょう。しかし、多くの場合は、時間の経過とともに別のライフイベントを迎え、他にも保管しておきたい思い出の品が増えていきます。

新しい思い出の品を保管するためには収納スペースが必要であるため、思い切って捨てたいけれど決心できない場合には、思い出の品を使用したときと同様に、捨てることをイベントとしてみましょう。捨てる行為をセレモニーとすることは、落ち着いた気持ちで物を手放せるおすすめの方法です。

大切な思い出の品を保管するためのルールを作ろう

大切な思い出の品を保管するためのルールを作ろう

思い出の品をあるがままにすべて保管しておくと、自宅の収納スペースはいくらあっても足りません。必要な物だけ残しておくには、いくつかのルールを決めることがおすすめです。思い出の品を、上手に保管している人が守っているルールを3つピックアップしてみましたので確認していきましょう。

家族が大切にする思い出の品は1人に1箱とする

思い出の品を保管するときは、持ち主ごとにまとめておくことがポイントです。1人暮らしであれば収納スペースに適したサイズの箱をひとつ用意して、思い出の品ボックスを作りましょう。保管しておきたいものだけをボックスの中に収めると決めておけば、部屋が散らからず、入らないものは捨てるという気持ちをもちやすいのです。家族がいる場合も1人に1箱を用意します。家族分をひとまとめにするのではなく、きちんと人数分のボックスを用意して、思い出の品を整理してくださいね。

思い出の品は持ち主本人が厳選する

思い出の品は人によって価値が異なる場合があります。他人からはガラクタのように思えても、持ち主にとっては大切な1品。思い出の品を片付けるときには、本人以外が勝手に行ってしまうとトラブルになりかねません。

大人同士はもちろん、子どもの物であっても保護者が勝手に捨ててしまわないように気を配っておきましょう。家族みんなで思い出の品を片付ける時間を作ることもひとつの方法で、親子一緒に「これはいる?」と会話しながら整理すると、子どもにとっても大切な物と不要物を判断する良いきっかけになるでしょう。

どうしても捨てなければならないという気持ちはもたない

大切に保管している思い出の品は、持ち主の精神状態をサポートしていることもあります。心が弱っているときに無理やり処分しようとすると、必要かどうか分からなくなり上手に選別できないでしょう。思い出の品を整理している途中で、向き合うことが苦痛になれば捨てるタイミングではないと判断し、作業を延期してみてください。思い出の品すべてを急いで処分しなければという気持ちはもたず、日々の暮らしをしっかりと整えることを優先するというルールを作り、少しずつ整理を進めることがおすすめです。

思い出の品を上手に保管するコツとは?

思い出の品を上手に保管するコツとは?

思い出の品を処分せずできるだけ残しておきたい人は、部屋を汚さずうまく保管する方法を考えてみましょう。保管方法を見直すことで、キレイに思い出の品を片付けられますよ。ご紹介するコツを参考にして、上手に整理整頓してみてくださいね。

データに変えて保管する

思い出の品が紙で作られているなら、スキャナでパソコンに取り込み、データとして残すという方法があります。思い出の映画チケットや絵画作品などに有効でしょう。また、子どもの工作や大きくて収納スペースを圧迫するものなら、カメラで撮影してデータ化することもできます。パソコンに取り込むのが難しいという場合は、写真として保管しておくこともおすすめです。思い出の品を今のままの形で保管するよりは、スマートに整理できそうですね。

部屋の中に飾り「見せる収納」とする

使用頻度の少ない思い出の品は、押し入れをはじめとする大きな収納スペースの奥深くに眠っていることがほとんどです。物を保管するには、収納するだけではなく飾ることも方法のひとつであるといえます。子どもの作品や受賞記念の賞状などを、思い切って壁に飾ってみることが、思い出の品を大切にするコツです。片付けてあるトロフィーをリビングのディスプレイにして、お客様と会話するきっかけとしても良いでしょう。

すべてを思い出の品として保管するのではなく厳選する

多くの親は、子どもが赤ちゃん時代に使っていた服や靴などは、記念としてすべてとっておきたい気持ちになります。しかし、子どもの成長を見守っていると、月齢によって思い出の品が増えていくでしょう。成長過程を楽しむためには、幼少期の物に手を加えずただ保管しておくのではなく、思い切って断捨離することが必要となります。思い出の品を厳選し、大切なものを少しだけとっておくように心がけてくださいね。

中身が分かるようにして保管する

専用ボックスを作って思い出の品を保管するのであれば、中身が見える素材の箱を使用することがコツのひとつです。何が入っているか分からない…という箱がいくつも収納スペースにあると、中身をひとつずつ確認しながら掃除することが億劫になってしまい、長期間整理しない場合があります。思い出の品を処分しても良い気持ちになったら、迷うことなくすぐに捨てられるように工夫して保管しておくことがおすすめです。用意した箱が透明でなかった場合は、見える場所にラベルを貼って管理するのも良さそうですね。

一定の期間で見直すようにする

当時は思い出の品であった物も、時間が経つと大切に思う気持ちが薄れていくことがあります。1年経ったら処分する、3年以上保管していた物は捨てるなど一定のサイクルを決めておく方法でも、思い出の品を上手に保管できるでしょう。期間を決めて捨てるだけではなく、サイクルを決めて思い出の品を見返し厳選するという方法もあります。思い出の品は長期間放置しておくのではなく、定期的に見直すことが保管のコツといえるでしょう。

多くの思い出の品を保管したいなら収納スペースを広げよう

多くの思い出の品を保管したいなら収納スペースを広げよう

思い出の品をどうしても捨てられない!という人は、他の荷物を処分して収納スペースを広げる方法を検討しましょう。自宅の収納スペースの物が入りきらない場合は、レンタル倉庫を活用してみても良いですね。また、清掃専門の業者に生前整理を依頼することもひとつの方法です。プロの目線で判断した思い出の品以外の不要物を処分できたり収納スペースにピッタリの収納方法で片付けてもらったりと、専門業者ならではの技術を提供してもらえますよ。

まとめ

思い出の品を保管するには、さまざまな工夫が必要となります。大量に保管するのではなく、厳選したりルールを決めたりして、少数を残しておく方法がおすすめです。また、ただ思い出の品を収納するだけでなく部屋の中に飾るなどして保管するといったことも検討してみてはいかがでしょうか?

生前整理のコラム

  • アイキャッチ
    生前整理

    片付けられない親との断捨離をスムーズに進めるにはどうする?

    共有

    共有今回は、片付けられない親とどうすれば断捨離をスムーズに行えるのかを考えていきます。相続手続きで実…

  • 生前整理

    子どもの自立後の虚無感は空の巣症候群かも!陥りやすいタイプや対処法を解説

    共有

    共有進学や就職で子どもが自立し、ホッとしたはずが、何にもやる気が起きないなどの虚無感に襲われたら、そ…

  • 生前整理

    終活(エンディング)ノートは終活の第一歩!作り方や項目、注意点を紹介

    共有

    共有終活をはじめる第一歩として取り組みたいのが、自分の情報や思いをしたため記録に残す終活ノート。エン…

オールクリーンの 生前整理 生前整理

終活の一環として事前に身辺整理を 終活を兼ねて、遺産の相続先がいない、核家族化の影響など、生前に家の中の整理を行う方は、年々増えてきています。
ご自身がなくなった後に遺品整理を行う場合、ご遺族にすべてを託すことになるため、ご遺族の負担も大きく、さらにご本人の意思通りに遺品を財産として扱ってもらえないケースは多々あります。そこで生きているうちに生前整理を行うことで、お客さまの意思通りの財産目録を作成することが可能となります。
オールクリーンでは、お客さまに寄り添って生前整理をお手伝いいたします。

Contactお問い合わせ

ゴミ屋敷清掃、遺品整理、生前整理、
ハウスクリーニングの事なら、
オールクリーンにご相談ください。

対応エリア

東京都

東京都全域

港区、世田谷区、練馬区、江東区、八王子市など、島しょ部を除く全域にお伺いいたします。

東京都実績レポート
神奈川県

神奈川県全域

横浜市をはじめ川崎市、相模原市、小田原市など、神奈川県全域にお伺いいたします。

神奈川県実績レポート
埼玉県

埼玉県全域

さいたま市、所沢市、川越市、熊谷市など埼玉県全域にお伺いいたします。

埼玉県実績レポート
千葉県

千葉県全域

千葉市、船橋市、木更津市、成田市など、千葉県全域にお伺いいたします。

千葉県実績レポート